So-net無料ブログ作成

日本選手権セミファイナル振り返り [ラグビー]

先週のラグビー日本選手権セミファイナル。

東京ではサントリーがパナソニックに快勝した記事をご紹介しました。

今回は、大阪の近鉄花園ラグビー場で行われた、東芝対神戸製鋼の模様をご紹介。
(一週間遅れですが・・・)

レギュラーシーズン第11節の対戦では、東芝が2点の僅差で神戸を下しています。


強い北風に雪も舞う環境。

semifinal (3).jpg
前半、風上に位置した神戸製鋼のキックオフで試合が開始。風下の東芝は、強い風の影響を受け思うように自陣から抜け出せない試合展開。

semifinal (6).jpg
変幻自在の攻撃を繰り出すバックス陣が神戸の魅力。フルバックの正面健司。

semifinal (7).jpg
そして、センターのジャックフーリー。バリバリの南ア代表。攻撃に守備にワールドクラスのプレーで獅子奮迅の活躍。

semifinal (1).jpg
東芝は、攻撃の起点となるスクラムハーフが初スタメンの大島となる。少々不安。

semifinal (2).jpg
前半3対19と劣勢で折り返した東芝。後半に勝負をかける。
FW陣を中心に猛反撃。スクラム・モールプレーで一時優位に。

semifinal (5).jpg
神戸は東芝がひたひたと迫る中にあっても簡単には追い上げを許さず31-10とし、ここで試合を決めたかと思われた。

semifinal (4).jpg
しかし!
東芝は怒涛のトライラッシュでついに31-29と射程圏内に追い詰める。

semifinal.jpg
が、無情にもノーサイド。

神戸が決勝進出をかけた死闘に終止符を打った。
前後半の滑り出しに積極的な攻撃で勝利を手にし、レギュラーシーズンの雪辱を果たした神戸製鋼、敗れはしたものの後半FW戦で優位に立ち執念で逆転寸前まで追い上げた東芝。ナイスゲームでした。

──久々の決勝進出に向け抱負を。

神戸製鋼苑田ヘッドコーチ
「ファンや関係者の方々の暖かいご声援で、ここまで来ました。国立競技場の決勝で、最高のパフォーマンスが出来るようしっかり修正し、次の一週間、45名の部員及びスタッフ全員で、いい準備をしたいと思います」

神戸製鋼橋本キャプテン
「今季キャプテンらしいことをしていませんが、ラグビー人生初の決勝戦でもあり、気負わず、今季のスローガンであるムービングラグビーを体現したいです」

===

で、本日日本選手権は国立競技場でファイナル。

サントリーを現地で応援してきます。

nice!(31)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

nice! 31

コメント 1

hanamura

さすがサントリー強いですね!
by hanamura (2013-02-24 17:30) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。